フードセーバー 口コミ

フードセーバーの口コミ特集!
今買うべきフードセーバーはコレ!

このサイトでは、フードセーバーに寄せられている口コミを徹底的に調査し、今買うべき失敗しないフードセーバーを明確にしました!あなたにとってベストとなるフードセーバー選びの参考になれば嬉しいです。

口コミから探る!失敗しないフードセーバー選び、押させておきたい5つのポイント

フードセーバーを購入した人たちの口コミを元に、失敗しないために押さえておきたいポイントを調べてみたところ、多くの人が重視しているのが以下の5つのポイント。

  • 【1】操作が簡単であること
  • 【2】保存力に優れていてること
  • 【3】匂い移りがしないこと
  • 【4】トータルで見たコストパフォーマンスがいいこと
  • 【5】購入後のサポート体制がしっかりとしていること

まず、【1】の操作が簡単であることですが、頻繁に使うものなので、操作が難しいとすぐにお蔵入りになってしまうのが目に見えます><。せっかく買ったフードセーバー、しっかり使いこなすためには、操作が簡単であることは必須条件です。【2】の保存力に優れていてることも重要。腐敗の原因の食品酸化を防ぐのはもちろん、冷凍保存する際の冷凍焼けが防げるかどうかなども大切なポイントです。【3】の匂い移りがしないことはかなりの方が気にされている様子。特に臭いのきつい物でもしっかりと匂い漏れしないかどうかも押さえておきたいですね。

【4】のコストパフォーマンスですが、つい本体のみの価格に目が行きがちですが、フードセーバーの場合は本体だけでなく、食品ロスやパックロールなど全体でのコストパフォーマンスを重視して購入された方が満足度が高い傾向です。【5】の購入後のサポート体制も万が一のためにしっかりとしているに越したことはありません。

つまりこの5つのポイントを押さえたフードセーバーが失敗なく買えるフードセーバーであると言えます。

口コミで人気のフードセーバー1位 フードセーバーV2240

フードセーバーV2240
口コミで人気のフードセーバー1位のフードセーバーV2240の特徴
フードセーバーV2240の特徴は、
酸化や冷凍やけ、解凍時のドリップ防止がしっかりとできる!
匂いもれがしっかりと防止できる
長期保存にはパックロール、数日程度ならキャニスターと使い分けできるのでコストパフォーマンスがいい!
食品ロスが減る
たくさん食材を買い込んでもしっかりと保存できるから節約につながる。
初回に限りですが、商品到着後、30日以内であれば使用後でも返品、返金保証がついていて安心!
特別価格 16,900円
※パックロール大2本セット、パーフェクトガイドブック、バッグ大13枚付
通常価格 19,800円
セット内容 フードセーバーV2240本体、キャニスター中1個、パックロール大1本、真空ボトルストッパー1個、バック小10枚、アクセサリーホース1個
本体サイズ 幅413mm x 奥行164mm x 高さ100mm
重さ 約2kg
評価 評価5

口コミで人気のフードセーバー1位のフードセーバーV2240の総評

口コミで人気のフードセーバー1位のフードセーバーV2240は、食品の酸化や冷凍焼け、解凍時のドリップ、匂いもれもしっかりと防止できる点に満足されている口コミがダントツで多いです。とにかく保存力に優れているので、今まで安売りでも躊躇してできなかった大量買いができるようになったとの口コミも。後、気になるコストパフォーマンスですが、長期保存にはパックロール、数日程度ならキャニスターと使い分けされていたり、お肉や魚自体の値段と比較すれば、パックロールの値段を考慮してもコストパフォーマンスがいいと評価されています。

まさに口コミで最も満足度の高いフードセーバーといえます。

口コミで人気のフードセーバー2位 真空パックんPlus

真空パックんPlus
口コミで人気のフードセーバー2位の真空パックんPlusの特徴
真空パックんPlusの特徴は、
食品の酸化や乾燥がしっかりと防げる
パックごと電子レンジや湯煎調理できる
マリネ機能が充実している
操作が簡単!
水分の多いものや汁物は苦手
通常価格 12,800円
セット内容 本体×1、お試しロール大1本(28cm×3m)お試しロール小(20cm×3m)、キャニスター大(直径14cm×高さ15cm(フタ含む):内容量1400ml)、キャニスターホース1本、ボトルストッパー1個
本体サイズ 幅40.1×奥行19.0×高さ9.2cm
重さ 2.0kg
評価 評価4

口コミで人気のフードセーバー2位の真空パックんPlusの総評

食品の酸化や乾燥がしっかりと防げる真空パックんPlus。パックごと電子レンジや湯煎で調理できたり、マリネ機能も充実していたりと、特に調理面で主婦にとっては心強い存在と言えます。ただ、水分の多い汁物は、パックがちゃんとできなかったりと気がかりな面も。ですが、水分の少ないものメインで使われる予定の方にとっては、お値段もお手頃なので満足されている傾向です。

口コミで人気のフードセーバー3位 フードシーラー ピタント

フードシーラー ピタント
口コミで人気のフードセーバー3位のフードシーラー ピタントの特徴
フードシーラー ピタントの特徴は、
コンパクトですっきりとしたデザインだから置き場所に困らない
脱気モードで柔らかい食材や汁物もしっかり保存できる
食品の酸化はもちろん、冷凍焼けもしっかり防いでくれる
フードセーバー本体のみがメインなので、値段が高い
特別価格 14,800円
※フードコンテナのセットは19,800円
通常価格 22,200円
セット内容 本体、ロールカッター1個、ボトルストッパー2個、脱気ホース1本、専用パックロール1本
本体サイズ 幅380mm×奥行140mm×高さ78mm
重さ 約 2.2 kg
評価 評価4

口コミで人気のフードセーバー3位のフードシーラー ピタントの総評

フードシーラー ピタントの一番の特徴は、なんといってもコンパクトですっきりとしたデザインであるところ。頻繁に使うものだからこそ、いつでもさっと取り出せる場所に置いておきたいもの。ちょっとした隙間に気軽に置いておけるので便利です。後、脱気モードを使用すれば、真空パックんPlusでは苦手な柔らかい食材や汁物もしっかりパックできるので、汁物系の食材の保存も考えている方にはこちら、フードシーラー ピタントの方がおすすめです。

ただ、フードシーラーピタントの場合、キャニスターなどの付属品がないので、全体的なコストパフォーマンスを考えて、長期保存、短期保存を分けて使いたい方には、キャニスター付のフードセーバーV2240や真空パックんPlusの方がおすすめです。

私が一番おすすめなのは、1位のフードセーバーV2240!

フードセーバーV2240

ここまで口コミがたくさん寄せられているフードセーバー3つを紹介してきましたが、私が一番おすすめなのはフードセーバーV2240です。

食品の酸化や冷凍やけはもちろん、解凍時のドリップもしっかり防止でい、匂いもれの心配もないので、安売りの時にたくさん買い込んでパックしておけば節約に繋がるので、一番コストパフォーマンスがいいからです。

なんといっても、購入後30日以内であれば、一度使っても返品保証がついているので、万が一気に入らなかった場合でもきちんと対応してもらえる点は、他2点のフードセーバーにはないサービスなので、失敗しないことを考慮するとその差は大きいです。

「操作性」「保存力」「匂いうつり」「コストパフォーマンス」「購入後のサポート体制」などトータルで考えるなら、フードセーバーV2240がダントツで1位です。

ページのトップへ